サブメニュー

消費者金融と闇金の利息

消費者金融と闇金での、一番の違いが利息です。闇金で借りてはいけないと言われていますが、その理由として金利は重要です。金利が高い程かかる利息も大きくなります。貸金業では金利は複利計算です。利息によって借入残高が増えれば、どんどん利息も増えていってしまいます。

 

ただし、通常借入れを繰り返さなければ、かかる利息は段々と減っていきます。毎月返済を続けていけば、元金が減っていくからです。そのため、消費者金融での借入れで、複利計算をそれ程気にする必要はありません。金利も最大で18.0%、10万円借りたとして1年でかかる利息は18,000円になる計算です。1年で18,000円を超える金額の返済を行えば、少なくとも元金は10万円を超えません。

 

闇金の場合、トイチやトサン、トゴなど、10日ごとに利息がかかる形式があります。ひどい所では、ヒサンなど1日毎に利息を取られるところもあります。年利で計算すると、トイチでも3000%を超える金利です。消費者金融と比べて、いかに常識はずれな金利なのかがわかります。

 

闇金の金利が大きすぎるのには理由があります。消費者金融は利息をその利益としますが、顧客との健全な取引が前提となります。闇金が暴利で利息を請求するのは、長期的な付き合いが目的ではなく、早々に返済不能にして、財産を全て搾り取るためです。

 

中には返せないからと闇金から逃げると考える方もいますが、被害が拡大するだけなので逃げるのはやめましょう。