サブメニュー

闇金と消費者金融は違う

お金を借りる先として闇金や消費者金融があります。未だに闇金と消費者金融の違いが分からないという人もたくさんいます。中には、どちらも法律に反した組織だと勘違いしている人もいます。

 

 

しかし、同じお金を貸す業者でも、闇金と消費者金融は全くの別物です。両者には、正規かどうか、審査、金利、取り立てと、色々違いがあります。

 

闇金は非正規の業者

貸金業者は、政府の認可無しに勝手に営業はできません。金融庁に貸金業者として登録しなければいけません。消費者金融も貸金業として正規に登録しています。しかし、闇金業者は金融庁に正式に登録していません。

 

貸金業者として正規に登録していなければ、本来営業活動自体が許されていません。しかし、裏を返せば何でもアリとなるので、金利も取立て方法もやりたい放題です。

 

貸金業として登録している消費者金融は、違法な取り立てなどを行えば、営業停止などの重い処分が下ってしまいます。

 

闇金の審査では何を見ている?

お金を借りる時には原則として審査があります。消費者金融では、その人に返済能力があるかどうかを、様々な項目から判断します。収入や家族構成、過去の支払い関連の履歴などを調べる理由は、その人がきちんと返済できるかどうかを知るためです。

 

闇金でも審査はありますが、見ている内容は消費者金融と大きく異なります。例えば多重債務者の場合、消費者金融では貸付けを見送るでしょう。自分の所の返済まで回るか怪しいからです。

 

しかし、闇金業者であれば通る可能性が高いです。闇金では、その人に返済能力があるかどうかはほぼ無視されます。その代り、その人から回収できるかどうかを重要視します。例えば女性であれば、風俗業界で働いてもらうなど、何らかの形で回収できさえすれば、返済能力がない人相手でも平気で貸付けを行います。

 

闇金では、返済不能になってからの回収目線で、審査を通します。そのため、既に他社での返済ができなくなっている方や、何らかのローンの支払いができないといった方でも、闇金では貸し付けてくる場合もあります。

 

闇金の金利はトイチ?

闇金ではトイチという言葉が良く使われます。トイチとは利息の付き方の略称で、10日で1割の利息が付きます。一方消費者金融では、例えば最大手のアコムで年利4.7%~18.0%の金利が掛かります。

 

ひょっとしたら、両者の金利に大きな違いがないと思ったかもしれませんが、闇金は10日なのに対して、消費者金融は年利での利息計算なので、内容は全然違います。闇金のトイチを消費者金融の年利計算で表示すると、3000%を超える金利となります。

 

例えば10万円をトイチで借りたとして、30日でかかる利息は33,100円です。これを消費者金融での最高金利18.0%で借りた場合には、30日でかかる利息は1,479円です。たった1カ月、たった10万円の借入れでも、こんなに利息に差が出ます。

 

また、闇金の場合、トイチだけでなくトサンやトゴなど、10日で3割、5割の利息を取っていくところもあります。

 

闇金の取り立て被害

あまり知られていないかもしれませんが、現在貸金業者は、取立て方法についても法律で厳しく規制がかけられています。例えばあなたが業者からお金を借りているとして、それを会社や親せきなどの知られてしまったらどうでしょうか。誰でもお金を借りているというのをあちこちに聞かれたいものではありません。

 

貸金業者は、その契約内容について個人情報として秘密を守る義務があります。家族や会社にばらすぞと脅すのは違法行為です。家に取り立てに行くというのも現実的には難しい状況となりました。家に取り立てに行っている所を近所の人にしられてしまうと、これも個人情報保護の観点から問題になってしまうのです。

 

闇金の取り立てでは、これらの配慮は一切なされません。それどころか、取り立ての脅しの為の材料とされてしまう位です。闇金では取り立ても法律関係なしに、家族や会社を巻き添えにしてでも回収に走ります。

 

闇金による被害は自分自身だけには留まらないので、借りてしまって被害に遭っているのであれば、早い段階でヤミ金融解決に向けた被害の相談を弁護士や司法書士のもとで進めてください。